オビツ11 オビツボディ パーツも豊富な着せ替えフィギュア デッサン人形

どろあわわがリニューアルしました。新どろあわわなら、お肌をほぐす、汚れを吸着、きちんと保湿 3つのパワーで毛穴くすみに、うるおいも逃さない。

健康なカラダ作りに欠かせない栄養素のたんぱく質 プロテイン。プロテインを賢く摂取して、健やかなカラダを作り、生活の質を高めていきましょう。

ここみて レディースファッション情報ブログです。

今月号イベント 特集

人気動画配信サイト特集

ドライブデートで聴きたい

オビツ11



▼もっとみる~
オビツ11 一覧
オビツ 一覧

オビツ11の型紙の教科書11cmサイズの女の子服

洋裁初心者にもわかりやすいドールソーイングBOOKシリーズより、全高11cmの小さなドールオビツ11サイズの型紙だけを集めた教科書の第2弾。女の子むけの汎用性の高いパターンを、ぎゅっと凝縮した一冊です。

四角い布から作るかんたんスカートなど洋裁1年生レベルの型紙から、袖や襟やスカートなどを選んで好みの形のワンピースに仕上げるステップアップパターンをご用意。同じパンツでも男の子編よりスリムにフィットするパターンなど、型紙はすべて作り起こしです。また、スカートのギャザーを均等に仕上げる技や、袴やプリーツを綺麗に折る方法、ちいさなドール服作りにぴったりの資材や生地など、ためになる情報も盛りだくさん。

振袖やチャイナドレスなどの華やかなスタイル、エプロンや着ぐるみどのキュートなスタイルなど、生地や仕上げを変えればあれこれ作り放題な型紙をたっぷり採録! さらにサンダルとフラットシューズ、リュックやボンネットなどの小物パターンも付いて、全身のコーディネートが楽しめます。

購入案内

オビツボディとは



オビツボディとは、オビツ製作所が製造、販売を行っている人形素体です。オビツ製作所が独自で開発製造している素体のことをオビツボディと呼びます。素体サイズの豊富さとメンテナンスの容易さが特徴で、ボークスとほぼ同時期に1/6スケールの素体の販売を開始し、他社のブランドに提供しています。

オビツボディ登場以前はジェニーを素体として使う場合が多かったが、オビツボディ登場以後は同製品が用いられるケースが多くなった。基本的に素体を他社にOEM供給しているが、自社ブランドのドールも販売しています。アゾンインターナショナルの直売店や自社のホームページなどで素体パーツの単品売りをしているため、万が一破損した場合でも容易に交換することができます。

オビツボディはデッサン用の素体としてデリータドールが発売されているため、画材店でも見かけることが多いです。



▼もっとみる~
オビツボディ 一覧
オビツ 一覧

1/6スケール素体

OBITSU 27 W SBH27cm女性素体ソフトタイプ 首のアダプターパーツを除いた状態です。現在、素体は1/6スケール相当のものが6種類 21、22、23、24、25、27cmが あり、21.23.25cmを除くそれぞれに、男性 女性用の素体が用意されています。

27cm女性素体は胸~腹部がソフトタイプのものとABS製のノーマルタイプが用意され、22~27cm女性素体には胸~腰部までをソフトタイプにしたものもあります。各ソフトタイプの胸部はS・M・Lサイズから選ぶ事ができます。後発の22と24㎝はソフトタイプのみ。22と24は完全新規素体のため、ボディのバランスが若干異なっています。

表情の付いた手が数種類、開き手、持ち手、握り手、同梱しており、素体だけで様々な表情をつけることができます。別表情ハンドも別売りで発売。 オプションのヘッドも豊富で、植毛ヘッドやドールアイを仕込む事ができる入れ目用ヘッドなどが販売されています。ヘッドアダプタが数種類付属し、規格が異なるヘッドにも対応する。 足の裏にマグネットが内蔵されており、スチールの台座の上に立たせることができます。

肌の色はナチュラルとそれよりも白いホワイティ、ドルフィードリームのセミホワイトに近い色合いのスーパーホワイティの3種類です。

オビツ60

1/3スケール相当の素体として、オビツ60があります。これは男性ボディこそ発売されていないものの、男性用の胸部パーツが発売されており、交換することで男性ボディとして使用することができます。腰部パーツについてはオビツ55の腰部を使用することで再現可能。女性胸部パーツもS・M・Lサイズが用意されており、パーツ売りもされています。

ドルフィー ドリーム DD 素体と同様ABS樹脂とポリアセタール POM を組み合わせた可動フレームにポリ塩化ビニル PVC 製の外皮を被せた仕様であり、肘、膝が二重関節になっている初期のタイプと球体関節の後期タイプがあります。腰も通常タイプとソフトタイプが存在する球体関節タイプはソフトタイプのみ。また、足の裏にマグネットが内蔵しており、スチール製の台座に支柱なしで立つことができます。

オビツ60は別売りのハンドを使うことで握り手、持ち手などの表現ができます。ただしDDに比べて種類が少ないため、DDのオプションハンドを流用するユーザーも多い。ヘッドはDD同様多くの種類があり、自社や他社のウィッグにも対応する。また、ドールアイも自社製のものが販売されており、それを固定するためのオリジナルアイホルダーもあります。

オビツ60の欠点としてウイッグや服からの色移りが挙げられます。これは外皮にPVCを使っているためで、長時間着たままでいるとウイッグや布の色素がPVCに染みこみ、後が残ってしまう。内部まで染みこんでいるため研磨での除去は不可能であり、パーツごとの交換が必要になります。色移りの対処法は頻繁に着せ替えをすることや、色移りする箇所をビニールなどで包む事で防ぐ事ができる。色移りを除去するリムーバーも発売しているが、浸食の度合いが大きいと完全に除去できない可能性があります。

旧ボディでは首の可動が狭く、保持が弱いという欠点があったが、改良型の首ジョイントパーツでは首の保持や可動が見直されています。ただしスプリングで固定されているため、交換にはヘッドを暖めるかジョイントを分解するなどの作業が必要となります。

最近はオビツ50を中心に展開しているため、オビツ60を素体としたドールのリリースは行われていないが、パーツ単位の生産は行われています。

オビツ55 50

2007年末に男性用素体としてオビツ55が発売された。この素体はオビツ60のボディバランスや可動範囲などを見直し、より人間らしいプロポーションを追究しています。女性用素体であるオビツ50も2009年3月に発売を開始した。バリエーションとして、腿と脛を短縮したオビツ48や、オビツ50を基にした素体 vmf50などが販売されています。オビツ60を含む60cmドールのヘッドを流用する事が可能で、パーツ単位での発売も行なわれています。

オビツ60やドルフィー ドリームの場合、服を着せた後のバランスを重点においていたのに対し、オビツ55 50は腕や脚の長さを調節し、素体の状態でも人間らしいバランスに仕上げています。オビツ55は基本的にオビツ60と同じパーツ構成、ただし首関節が新タイプに変更され、可動範囲が拡大している、フレーム自体もオビツ60のものを流用しているため、オビツ60の発売終了とともにオビツ55は販売を停止しています。

オビツ50は完全新規となり、ラインの崩れを最小限にした肘や膝の二重関節や肩関節が前後左右に可動するなど、より自然なポーシングができるようになった。オプションも充実しておりオビツボディのスタンダードとなっています

OBITSU BODY THE DOG

オビツが新たに開発した1/6サイズの犬型可動素体。ABSの骨格にPOMの関節が組み込まれており、自由に分解 組み換えができるようになっています。また、尾と頭部を組み替えて、別の種類の犬を作ることも可能です。20色はブラックとホワイト、クリアーの3種が発売されています。蓄光バージョンも限定発売。素体にかぶせる外皮の発売も予定されていたが、発売されていない。

オリジナルモデル

オビツボディは他社のキャラクタードールの素体としても販売しているが、自社オリジナルのドールも数種類販売しています。それぞれ1/6 27cm、60cm、50cmサイズのドールがあるが、生産数が限られ、販売を終了したモデルもあります。

初期は主に27cmサイズのオリジナルドールを発売していたが、オビツ60の球状関節モデル発売の際にオリジナルドール ゆなを発売、本格的に自社生産モデルの販売を開始。ゆな自体は60cmドールとしてはオーソドックスな作りとなっており、頭部もドールらしい造形で癖のないモデルとなっています。現在ゆなは生産を終了しており、入手は困難です。

オビツ50素体発売に先行して、オビツ50オリジナルモデル MIZUKIの販売が開始され、ワンダーフェスティバル予約分の第1次、2次出荷分が発売され、その後に一般販売分が4月23日に発売したがその日のうちに締め切られ、5月12日~19日に受付生産という形で予約をとった。

MIZUKI に続いて、オビツ50オリジナルモデル第2弾としてMIKADUKI の予約が開始されます。MIKADUKI はウェブサイト上の受付注文のみで会場での受付はされなかった。そのため、注文数が予想を大きく上回り、2008年12月発売の予定だったのが2月に延期されます。その後、予備分とキャンセル分を抽選販売し、販売を終了した。それ以降もオリジナルモデルの限定生産は随時行っています。

2009年6月19日~29日に65cmドール シルビアの予約が開始されます。シルビアは今までの1/3ドールよりも球体人形寄りのプロポーションをしており、顔もより人形向きな造形となっています。

オビツ150

全高150cmの1/1サイズモデルで、実際の人間に近いプロポーションとなっています。基本的に1/3素体同様フレームにビニール製の軟質外皮をかぶせているが、フレームが強度の高い専用のものとなり、かなりの剛性を持つ仕様となった。手指は5本ともワイヤーが内蔵され、人間と同じ可動を再現しています。ヘッドはアニメ調の造形タイプと一般の人形に近い造形のタイプを用意、人間用の衣類、靴、ウィッグの着用が可能です。

デッサン人形

デッサン スケッチ キャラクター 漫画 アクションフィギュア代用される事もある QUMARION セルシスが販売するデジタル対応の実物人型入力デバイス。人形を動かすことでディスプレイ内の3Dモデルも連動して動かすことができます。

人間のモデルとは異なり長時間同じポーズを取らせることができ、絵画、漫画等で人物を描く際にポーズの参考にするために使います。人間の全身を表した人形の他、手のみの人形もあります。

従来は木製で比較的高価であったが、最近は安価な量産品として、プラスチック製のカスタマイズドール用の素体が画材店でも発売されています。こちらの方が漫画、アニメの等身的にデフォルメされたキャラクター体型に合っている為に使い易い場合もあります。ただし、プラスチック製でも骨格等が緻密に成型された高級モデルも存在します。

また、画像処理ソフトの機能として、デッサン人形の画像が表示できるものもあります。木製やプラスチック製のデッサン人形よりも柔軟にポーズを作ることが出来、陰などの明暗表現も自動的に実現できるようになっています。一方で、実際のデッサン人形を操作することで、画像処理ソフト内のデッサン人形が連動して動き、直感的な操作と画像処理ソフトでのデータを変更し服などの装飾品を書く上での利便さを模索したものもあります。

可動関節でポージングが可能なフィギュア集

ポケットサイズの新しい可動フィギュアシリーズです。デフォルメキャラクターたちは、小さな体にも関わらず豊富な可動で、自由にポーズが楽しめます。足裏のマグネットにより専用ベースの上では楽々といろんなポーズがとれ、キャラクターのいろんな表情や印象的なシーンを再現できます。また、髪型や表情もパーツで区分されて、他のシリーズ製品と組みかえることができます。

フィギュアシリーズの洋服を作るソーイング レシピ集



布のお洋服を着せられるボディねんどろいどどーる。この本は、そんなねんどろいどどーるサイズのお洋服を作るソーイングレシピです。着回しのきく制服や普段着はもちろん、セーラー服やゴシックロリータ、着物などなど…。ねんどろいどの頭にぴったりな帽子も作ることができます。

各アイテムの作り方を、全行程プロセス写真入りで詳しく丁寧に解説し、小さな服作りならではのコツや材料も紹介。実物大型紙つきで、すぐに作り始めることができます。

フィギュア

何を購入するか迷う際には、ぜひ豊富な口コミもご覧ください。アニメ、キャラクター、美少女、特撮、映画、ゲーム、芸能人といったようなコレクションアイテムのテーマから探したり、仮面ライダーシリーズ、ディズニーシリーズ、ウルトラマンシリーズ、ガンダムシリーズ、スタジオジブリシリーズ、プリキュアシリーズなどの、アニメ 漫画シリーズ別に、欲しいフィギュアを探すことも可能です。人気の定番からなかなか見つけづらいニッチなアイテムまで、さまざまなニーズやシーンにあったフィギュアがきっと見つかるはずです。

~本日のイベント~

イベント情報 案内

ミュージック 商品検索案内

総合商品検索案内ショッピング

最新総合商品検索ショッピング

~運営 サイト 案内~

運営グループサイト 一覧

タイトルとURLをコピーしました