電子マネー プリペイドカード 種類 特徴 選び方 PayPay

どろあわわがリニューアルしました。新どろあわわなら、お肌をほぐす、汚れを吸着、きちんと保湿 3つのパワーで毛穴くすみに、うるおいも逃さない。

健康なカラダ作りに欠かせない栄養素のたんぱく質 プロテイン。プロテインを賢く摂取して、健やかなカラダを作り、生活の質を高めていきましょう。

ここみて レディースファッション情報ブログです。

今月号イベント 特集

人気動画配信サイト特集

ドライブデートで聴きたい

電子マネーとは

電子マネーとは、電子データのやりとりで決済を行う決済サービスの一種です。
現金をデジタル化しているため、オフラインで決済や支払いをするのではなく、すべて通信 オンラインで完結するのが一番の特徴です。iD や nanaco、suica など代表的な電子マネーは非接触型と呼ばれ、レジなどに置いてある端末にスマホやICカードをタッチさせるだけで支払いができる便利な決済サービスです。精算の際に、暗証番号を入力したり、サインをしたりする必要はありません。

電子マネーの種類

電子マネーには、大きく2種類あります。あらかじめ金額を決めて自分自身でチャージしておくことで使用可能となる、先払い式 プリペイド式の電子マネーと登録しておいたクレジットカードから決済後に引き落とされる後払い式 ポストペイ式の電子マネーです。

▪先払いプリペイド式は、事前に入金してから使う電子マネー
▪後払いポストペイ式は、使った分をあとでまとめて支払う電子マネー

電子マネーの比較

電子マネーのしくみは、先払いプリペイド式と後払いポストペイ式で異なります。先払いプリペイド式の電子マネーは、利用者があらかじめ電子マネーにチャージすることから始まります。その後、買物をして電子マネーを利用すると、加盟店には電子マネー発行会社が加盟店にその金額を支払います。

後払いポストペイ式の電子マネーはクレジットカードと同じしくみです。後払いを可能にするためにはあらかじめ銀行口座を登録しておく必要があります。利用者が電子マネーで決済すると、その金額は電子マネー発行会社が加盟店に支払います。この時点で買物自体は完了しますが、支払いはまだ完了していません。支払いの際は、一定期間の利用額がまとめて利用者に請求され、利用者は決められた日にその金額を口座引き落としで支払います。

電子マネーの種類と特徴

電子マネーを利用してみようと思う人は、どの電子マネーがおすすめなのか、どんな特徴があるか気になる人も多いと思います。

代表的な電子マネーを紹介します。

▪PayPay(ペイペイ) QR決済利用率No.1のQRコード決済サービス
▪iD(アイディー)スマホやクレジットカードと連携可能
▪nanaco(ナナコ)セブンイレブンなどを中心に利用できる流通系の電子マネー
▪楽天Edy(エディ) 楽天ポイントと連携するプリペイド型の電子マネー
▪WAON(ワオン)イオンが発行するカード式のプリペイド型電子マネー
▪QUICPay(クイックペイ) JCBが運営するチャージ不要の電子マネー
▪Suica(スイカ)交通系の電子マネーで日本No.1の普及率

PayPay(ペイペイ)

PayPayはスマホ一つで決済ができるサービスで、お店のQRコードを読み取るか、バーコードを提示するだけで簡単に決済が完了します。

PayPayの特徴は、決済だけでなくPayPayユーザー同士でお金の送金もできます。

そのため、飲食店でのお会計時に割り勘する際にも、財布を開く必要はなく、金額を入力して相手のバーコードを読み取るだけでスマートに送金できます。

QR決済利用率No.1のQRコード決済サービス
いますぐPayPayアプリをダウンロード

iD(アイディー)

iD(アイディー)はNTTドコモが提供する電子マネーサービスで、スマホやカードを専用の機器にかざして支払いをします。

iDの特徴はプリペイド型、ポストペイ型、デビット型のすべての支払い方法に対応しています。

現在、全国96.5万台以上の店舗やレストランで利用でき、ポイントも貯められるので現金支払いからiDに変えるとお得にお買い物ができます。

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)はセブンイレブンを展開するセブン&アイ ホールディングスが発行する電子マネーです。

nanacoには、nanacoカードとおサイフケータイでnanacoを利用する nanacoモバイルの2種類あります。

nanacoの特徴はかざすだけで決済ができるのはもちろんのこと、支払いごとにポイントが貯まります。

200円で1ポイント貯まり、1ポイント1円で電子マネーに交換することができます。

楽天Edy(エディ)

楽天Edy(エディ)は楽天が展開しており、事前にチャージすることで使えるプリペイド型の電子マネーです。

楽天Edy(エディ)の特徴は、Edy機能付き楽天カードからチャージするだけで利用ポイントを獲得できて、それで支払いをするとポイントの2重取りができます。

年会費 入会金は無料で使えるお店も多く、ポイントも貯まりやすいので、電子マネーでポイントを貯めたい人にはおすすめです。

WAON(ワオン)

WAON(ワオン)はイオングループが発行するカード式のプリペイド型電子マネーです。

WAONの特徴はイオングループの対象店舗で利用すると200円で2ポイントと、対象外店舗で利用する際の2倍のポイントが貯まります。

普段よくイオンモールなどで買い物をする人にはおすすめの電子マネーです。

QUICPay(クイックペイ)

QUICPay(クイックペイ)はJCBが運営するチャージ不要のポストペイ型の電子マネーです。

一部のプリペイド型支払いにも対応しています。

クレジットカードと連携して利用できるため、チャージする必要がなく、残高を気にしなくていいという特徴があります。

QUICPayは、1回の決済で利用できる金額が2万円となっていますが、QUICPay+ であれば、2万円以上の利用も可能です。

Suica(スイカ)

まず、交通系の電子マネーで日本No.1の普及率を誇るSuica(スイカ)があります。

Suicaは東日本旅客鉄道が発行しており、おもに関東圏の鉄道やバスなどの公共交通機関で利用できる、事前にカードにチャージして利用するプリペイド型の電子マネーです。

Suicaに対応しているお店では、買い物の支払いもできます。

また、Suicaには、Suica定期券、My Suica、Suicaカードの3種類があり、新幹線の予約などができるモバイルSuicaもあります。

プリペイドカードとは?

プリペイドカードとは、もともと決められた金額、もしくは事前にチャージした金額分の買物ができるカードのことです。カードと言ってもクレジットカードのように後から決済されるわけではなく、使用したその瞬間に残高が引き落とされるので、使い過ぎの心配がありません。現金払いと異なり、お釣りが出ないので、会計がスムーズに済むという点も魅力です。現金を使わずキャッシュレスで買物がしたいけれど、クレジットカードは使いたくないという方に人気です。最近ではプリペイドカードの中にもプラスチックカードを発行せず、スマホアプリでなどで支払いが完結できるカードレスタイプの商品も存在します。

プリペイドカードの種類と使い方

プリペイドカードには、あらかじめ決められた金額のものを購入し、その金額を使い切ったらカードとしての役割を終える使い切り型と繰り返しチャージして使用することができるチャージ型の2つのタイプがあります。
使い切り型のもので知名度が高いのはQUOカード。チャージ型のものは種類がかなりたくさんありますが、クレジットカードと同じように利用できる国際カードブランド付きプリペイドカード、ブランドプリペイドがあります。これは、VISAやMastercard、JCBなどの国際ブランド加盟店で使えるプリペイドカードです。ポイント加算やキャッシュバックなどの特典があることも多く、ユーザーメリットの多いカードといえます。

電子マネーとプリペイドカードの違い

電子マネーがキャッシュレスで事前のチャージやサイン不要の決済サービスであるのに対し、プリペイドカードは電子マネーの機能を使用するためのカードであるということ。とはいえ、同義語として扱われるような場面も少なくなく、電子マネーとプリペイドカードに関しては、境界があいまいになってきている、という結論といえるでしょう。

電子マネーには3つの支払い方法がある

電子マネーの支払い方法は、3種類に分けられます。

▪先払い プリペイド式
あらかじめ現金をチャージしておくことで使用できる電子マネーです。チャージ可能な最高金額は、2万~5万円と電子マネーの種類によって幅があります。手軽にチャージできるようクレジットカードからのオートチャージを設定できるものもあります。

▪後払い ポストペイ型
電子マネーとクレジットカードを紐付けることで使用できる電子マネーです。電子マネーで支払いをした代金が、クレジットカードの支払い日に口座から引落とされる仕組みになっています。クレジットカードのポイントも付与されます。一部のデビットカードでもポストペイ式の電子マネーと紐付けることができます。ポストペイ式の電子マネーで代表的なものは、iD や QUICPay です。

▪即時払い デビット型
電子マネーとデビットカードを紐付けることで使用できる電子マネーです。デビットカードは、レジで支払い時に銀行口座から引落とされる仕組みです。ちなみに、ポストペイ型で紹介したiDは即時払い型を選ぶこともできます。

電子マネーのメリットとは

電子マネーを使うことでのメリット、大きなメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

▪支払いの手軽さタイムレス
現金を持ち歩く必要がなくなるのが、大きなメリット。財布の中身を気にすることなく、気軽に買い物ができます。支払いはカードや端末をかざすだけ。お釣りも出ないため、レジの会計時間が短くなります。

▪ポイント還元
電子マネーを利用すると、利用金額に応じてポイント還元やキャッシュバックを得ることができます。節約になってお得です。

中でも流通系電子マネーの場合、ポイントが通常の数倍付与されるサービスを行っているケースもあります。ポイント重視という観点で電子マネーを利用したい方は、ご自身がよく利用しているスーパーやコンビニでポイントのサービスが活用できるか確認してみましょう。

▪支払い管理のしやすさ
電子マネーの支払い情報はすべてデータ化されているため、履歴がすべて残っています。電子マネーは、現金の動きが見えない分、支払いの管理が難しいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、その点は心配ありません。電子マネーの専用サイトからマイページにログインすることで、支払い履歴はもちろん、チャージ残高も確認することできます。

電子マネーのデメリットとは

メリットの多い電子マネーですが、デメリットもあります。

▪事前にチャージが必要になる
プリペイド型では事前に必要な金額をチャージする必要があります。電子マネーの利用頻度や利用額によっては、都度チャージが必要になります。

クレジットカードと連携したオートチャージ設定など、特定の金額以下になった場合に自動で追加チャージを行うサービスもあります。自分自身でチャージする場合と比べて、お金を使った感覚が少なくなるかもしれません。その点には注意が必要です。

▪チャージした金額は、現金には戻せない
一度電子マネーにした分、チャージした分を現金に戻すことはできません。Suicaなどの交通系電子マネーでは、カード発行時にデポジットが発生する場合があります。このような電子マネーは解約時にデポジット分およびチャージ残高を戻してもらえるものもあります。しかしながら会社によっては払戻し手数料を徴収される可能性もあります。全額を現金にできるとは限りません。気をつけましょう。

▪使える店舗に制限がある
経済産業省が推進しているキャッシュレス、ポイント還元事業の影響で、電子マネーを利用できる場所が増えてきました。しかし、お店によっては現金のみの取り扱いとなっているところもあります。また、電子マネーの取扱いはしていても、利用している電子マネーの加盟店でなければ、使用することができません。

▪災害に弱い
電子マネーは、電気とインターネット回線がないと利用できません。自然災害などでネットワーク障害や、停電が起きてしまうと利用ができなくなります。

▪電子マネーポイント還元について
電子マネーのメリットの一つに、ポイント還元があります。しかしながら、ポイント還元に関してはそれぞれの企業が独自のルールを定めています。そのため、電子マネーを利用する際には、ポイントのためやすさや使いやすさなど、各企業が設定しているルールをきちんと確認することが大切です。

まとめ

電子マネーには、支払いの手軽さ、素早さや支払い管理のしやすさなど、さまざまなメリットがあります。

使える場所が多い PayPayを利用するのもおすすめです。
随時実施しているキャンペーンなどもあり、ポイントの還元率が高い支払い方法が多様です。

PayPayが使える店舗は現在も拡大中です。スマホさえあれば誰でも無料で利用できるので、ぜひ利用してみてください。

~本日のイベント~

イベント情報 案内

ミュージック 商品検索案内

総合商品検索案内ショッピング

最新総合商品検索ショッピング

~運営 サイト 案内~

運営グループサイト 一覧

タイトルとURLをコピーしました